fc2ブログ

COCOA CAFE

これから趣味で集めに集めた雑貨やドールなどのお話をつらつらとつづっていこうと思います。

Entries

Time for Tea 2



DSCF0159A.jpg


当店はこちらでもう80年ほど営業しております




DSCF0162A.jpg


わたしで3代目の店主になります

ツタもすっかり生い茂ってしまいました






DSCF0156A.jpg


こちらは散歩途中の老紳士

英国人はことのほかクロスワードが好きなのでございますよ

主人が休憩を取っている間 犬はうたた寝しております




DSCF0158A.jpg


こちらはお買い物帰りのご婦人たち

おひとりは今日がお誕生日のようですね

いただいた花束を脇に置いておしゃべりに夢中のようです




DSCF0166A.jpg




DSCF0160A.jpg


午後はゆっくりと過ぎていきます・・・




*

*

*

*

*




DSCF0174B.jpg


お客さま

申し訳ございませんが まもなく閉店でございます

ぐっすりお休みでしたのでお声をおかけするのが遅れてしまいました


お気に召していただけましたか?

またどうぞお越しくださいませ










DSCF0163A.jpg


全景




こちらは5年ぐらい前に製作したドールハウスです。

英国の片田舎にあるティーハウスをイメージして作りました。



照明が付いてない分奥行きを持たせてないのですが、広がりが感じられるようオープンテラスをつけました。

テーブル・イスは銅線をハンダ付けした後ペイント。

テーブルの天板は市販のアクリル板を使用してます。



白いラティスはヒノキ棒を組み合わせて作りました。

からまったツタはフラワーテープを切り抜いて貼ったもの。

3色を使用して色に変化を持たせています。



建物部分は本体をシナベニヤで組み立てた後、発泡スチロールの板にレンガ風装飾をして外壁として貼っています。

閉開できるブルーの扉のガラス部分はアクリル板を使用してます。



ティーセットや食べ物は主に樹脂粘土で製作してます。

(焼き菓子の一部はオーブン粘土)

固いもの=食器はコスモス、柔らかいもの=食べ物はグレイスを使用してます。

どちらもハンズや手芸店で手に入る粘土です。



ドールハウスを作る際は全て自分で作るというこだわりは持ってないので、市販のものがあればそれを使用します。

(猫や犬、鳥などの動物。ガラス製品や陶器、取っ手などの金属部品)

ないものを自分で作るというスタンスです。

日本にもミニチュアを取り扱っているショップはいくつかありますが、そこで手に入らないものは海外通販で取り寄せます。

よく利用したショップ↓

Hobby Bilders Supply(USA)

Dollhouse Emporium(England)



わたしがドールハウスを作る際、まず色から入ります。

ここでのメインは青。

なかなかイメージに合う市販の色がなくて、2色のアクリル絵の具を混ぜてこの青色を作っています。

真っ青な扉に落ち着いたレンガの茶、そしてツタの緑、そこに赤・白ストライプのテントでアクセントをつけました。

イメージはあくまで古きよきティーハウスで(笑





ドールハウスを作る時はこうしたバックグラウンド(舞台設定)をあらかじめ考えています。

物語の一場面を切り取ったような、そんな空気を感じられる情景を表現するのが理想です。

これはドール写真にも共通している目標なのです。





a.jpg




img20060613.jpg


PFを入れるとこんなバランスです






・・・・・・・・・・




メールフォームよりメッセージ下さった方々ありがとうございました

ドールハウを載せるのは本当に久しぶりでしたが、喜んでいただけてうれしいです

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

あけ

Author:あけ
B型 マイペース
ちっちゃいもの、可愛いものが大好き
収集癖あり 凝り性なのにアバウト

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索